新卒の就職活動は本当に厳しいの?!意外と知らない裏情報

(更新日:2015/09/02)

★公務員試験難易度ランキングから志望職種をリサーチ!各種試験の特徴を知る!★

2015年8月28日

景気が上向いてきたとは言え、先行きの見通しが分からない現代社会において公務員を志望する学生の数が増えています。公務員と言っても、その職種はさまざまなであり、国の公官庁・地方の市役所・自衛官・警察・裁判所など、職場によって求められる資質・能力・職務内容は大きく異なります。職種の違いによって、試験内容や重視されるポイントに特徴があるため、難易度やポイントを抑えることが受験対策として重要だと言えます。公務員試験は、大きく分けて1次試験である筆記と2次試験である面接の2段階方式で実施されています。筆記試験に合格した者のみが面接試験に進むことができます。公務員試験における筆記は、択一式である教養試験、択一と記述式の複合で出題される専門試験、論文試験の3つで構成されます。公務員としてふさわしい知識・知能が問われる出題構成となっており、科目数の多さや出題範囲の広さから半年〜1年半程度の受験勉強が必要とされています。2次試験である面接は、受験生の人物像を把握するために、個別面接・集団面接・集団討論といったスタイルで評価されます。志望動機や自己PRといった一般企業の面接に近い形で進んでいきますが、受け答えや礼義正しさといった面でも対策が必要と言えます。公務員専門学校の比較サイトで紹介している公務員試験難易度ランキングは、さまざまな職種の難易度や特徴について詳しく解説しています。公務員試験難易度ランキングを参考に、しっかりとして受験対策を練って目標を達成しましょう。

新卒の就職活動は本当に厳しいの?!意外と知らない裏情報

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約

Copyright (C) 新卒の就職活動は本当に厳しいの?!意外と知らない裏情報 All Rights Reserved.